翻訳コーディネーターに向いているのはこんな人

翻訳コーディネーターはストレスフルな仕事です

翻訳コーディネーターとして某零細翻訳会社で2年ほど働きましたが、

コーディネーターはもうやりたくない!

と思っています。

もっと若かったら柔軟性もあったかもしれませんが、アラフィフになってまでやるのは厳しいかな、と思いました(あくまで個人の考え方です)。

働いていた某翻訳会社のせいかもしれません。

とにかくクレームが多い。まともな翻訳者がいない。そして、その責任はすべてコーディネーターにのしかかる。

お客さんの文句を聞き、翻訳者にも気を遣い、ストレスがたまりすぎ、メールを開くのが怖くなりました。

たまに翻訳者の方から、「他のコーディネーターが上からガンガン言いつけてくる」とクレームもあったので、強く言えるコーディネーターの方もいるのでしょう。

私の場合、翻訳者の機嫌を損ねたら、ただでさえまともな翻訳者の人が少ないのにどうするの?と思い、翻訳者には丁寧にお願いして、ついに神経を遣いすぎて耐えきれなくなり辞めました。

両者の間に入ってお世話をする

翻訳コーディネーターは、クライアントと翻訳者の両者の間に入って話を聞くので、世話好きな人に向いているかもしれません。

どちらの要望も聞いて、丸く収めるのが仕事です。

私は向いていなかったです。辞めて本当にすっきりしましたから。

お金に関して言えば、今の私の翻訳料より、コーディネーターの方が断然よかったです。

優秀な翻訳者の方は、それなりに儲けているようなので、あくまでも現段階での私の翻訳レベルでの儲けと比較しています。

でも、どんなにお金がよくても、あんなに毎日ストレスがたまるのは無理でした。

というか、もしかしたら、あの翻訳会社がひどいだけだったかもしれません。でも、トラウマ級なストレスだったので、もう翻訳コーディネーターだけはやらないでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク